From 楕円球LOVE!

徹底討論「日本代表はもう一度、南アフリカ代表に勝てるのか?」

2019.08.29 Thu

日本中を歓喜させ、多くの人にラグビーの魅力を知らしめたあの勝利から4年。ワールドカップ開幕を直前に控えた9月6日、再び日本代表があの南アフリカ代表と対戦します。日本が再び南アフリカに勝利することはできるのか。試合のみどころは? 注目すべき選手は? 元ラグビー日本代表の伊藤剛臣さんに、ラグビーにわかファンを代表して、メンズノンノモデル山本涼介が聞きました。

山本 4年前のあの南アフリカ戦は、きっと多くの人がそうであるように、僕がラグビーに興味を持つきっかけになった試合でした。その頃は全くラグビーに関して知識がなかったんですが、サッカーで言えば日本がブラジルやドイツに勝つくらいの凄いことだと知って、感動したのを覚えています。僕は残念ながらリアルタイムでは観れていなかったんですが、伊藤さんはもちろん、あの興奮をリアルタイムで?

伊藤 いやー、リアルタイムでは寝てましたね(笑)。

山本 えっ! 

伊藤 当時はまだ現役だったので、次の日に試合があったというのもあるんですが、私は正直負けると思って寝てましたね(笑)。そしたら朝の6時くらいにガンガン電話がかかってくるんですよ!「日本凄かったね。やったね」って。何が起こったのかと思ってスマホのニュースをみたら、「勝ってんじゃん!」って。信じられないわけですよ。

山本 伊藤さんでも信じられなかったんですね(笑)。じゃあ、試合そのものは僕と同じように後から観たんですか?

伊藤 その日の自分の試合を終えて、家に戻ったらすぐに録画した試合を観ました。勝つって知ってるんだけど、それでも最後のヘスケス選手のトライを観て、大号泣しましたね。妻と娘が、僕が泣きすぎて驚いてました(笑)。各国のメディアが世界スポーツ史上最大の番狂わせと評して、あのハリーポッターの作者も「こんな物語は書けない」と言っていたくらい。

山本 ラグビーってサッカーと比べても、番狂わせが起きにくいスポーツと言われてますもんね。

伊藤 私、高校1年生でラグビーを始めたんですが、ちょうどその頃1987年に第一回のラグビーワールドカップが行われたんです。それで、ラグビーに人生の目標をもらいました。日本代表になりたい、ワールドカップに出たいと。そして1995年に第3回大会が南アフリカで行われて、私はもう少しで日本代表になれるかなというところでした。ところが、その大会で日本代表が強豪のニュージーランド代表に17-145で負けてしまったんです。21トライも取られて…。サッカーで言えば0-15くらいでしょうか。それをテレビで観ていて、あまりにショックすぎて、嘔吐してしまいました。

山本 嘔吐、ですか…。

伊藤 これ、本当です。それでその次の年から、私は日本代表に選んでもらったんです。ワールドカップでそんな歴史的大敗をしたこともあり、その当時はラグビー日本代表は世界から馬鹿にされていて、本当に悔しかった。だから日本代表の誇りを取り戻すんだという気持ちで頑張ってきました。そして2003年にオーストラリアで行われたワールドカップで、フランスやスコットランドのような強豪国相手に、頭からタックルで刺さりまくったんです。結果は勝てませんでしたが、その戦いぶりをみた地元のオーストラリアや海外のメディアが、日本を「ブレイブブロッサムズ」(勇敢な桜たち)と評してくれました。日本代表のエンブレムは桜なので、これまで日本代表は「チェリーブロッサムズ」と呼ばれてました。チェリーという言葉には少し馬鹿にしたようなニュアンスも込められていたのが、そこで少し変わりました。それから2007年、2011年と、少しずつ世界のレベルには近づいていたけれど、なかなか勝つところまではいかなかった。それがあの2015年、今までワールドカップの8回の歴史のなかで2回優勝している南アフリカと対戦して勝ってしまったんですよ!

山本 悔しい思いから、少しずつ積み上げていった結果の勝利だったんですね。あれから4年立ちましたが、さらに日本は強くなってきたとみていいんでしょうか?

伊藤 はい、間違いなく地力がついてきましたね。前回大会の前までは日本はワールドカップで1勝しかしたことがなかった。それが前回大会で南アフリカ戦含め3勝して、完全に気持ちの持ち方が変わったと思います。僕らの時代は「勝ちたい」と思っていたけれど、今の選手たちは「勝てる」と思って試合に臨んでいますから。

山本 その差ってやっぱり大きいですよね。先日のパシフィックネーションズカップ(フィジー、トンガ、アメリカに3連勝)でも優勝して、めちゃめちゃ期待度が上がってます!

伊藤 観ていて、気になった選手はいました?

山本 ウイングの松島幸太朗選手ですね。「脚はやっ!」って(笑)。

伊藤 松島選手は、南アフリカとのハーフですね。松島選手とともに、同じウイングの福岡選手も注目です。小柄だけど、世界で通用するスピードを持っています。フォワードでは姫野和樹選手にも注目して欲しいですね。まだ24歳ですが、外国人にもフィジカルで負けない、力強い選手です。

山本 24歳! 僕と同じ歳ですね。そんなメンバーで日本代表は9/6、ワールドカップ直前にまた南アフリカと対戦するわけですけど、南アフリカはやっぱり相変わらず強い、ですよね?

伊藤 はい。実は南アフリカは今世界ランク5位なんですが、つい先日1位のニュージーランドと対戦して、引き分けでした!

山本 おお! つまり、1位と実力的にはほぼ互角っていうことですね。4年前に日本に負けたからといって、南アフリカが弱くなっているわけでは全くないんですね。南アフリカの強さはどんなところにあるんですか?

伊藤 南アフリカは、ボール争奪戦、そのぶつかりあいのところでは、世界一の強さがあると思いますね。世界ランク1位のニュージーランドもそこで相当苦しめられていました。試合は引き分けでしたが、内容的には南アフリカが勝っていたといってもいいと思います。その相手と、ワールドカップ直前に試合ができるのは、日本にとってもとてもいい機会だし、楽しみですよね。この試合、観たいでしょ(笑)?

山本 いやー、めちゃくちゃ観たいです!

伊藤 僕は観たくないけどね、ちょっと心配で(笑)。

山本 南アフリカも4年前に負けてるから、絶対初っ端から本気で来ますよね?

伊藤 そうなんですよ。前回とは彼らも気持ちの持ち方が全然違うと思いますね。

山本 南アフリカで、注目すべき選手を教えてください!

伊藤 フッカーのマルコム・マルクス選手と、ナンバーエイトのドゥエイン・フェルミューレン選手ですね。南アフリカのぶつかりあいの強さを体現している選手です。私は南アフリカと対戦したことはないですが、こんな大きくて強くてバッファローみたいな選手たちとは正直、対戦したくないもんね(笑)。バックスではスタンドオフのハンドレ・ポラード選手も、スーパーラグビーの得点王。注目です!

山本 そんな南アフリカに対して、日本はどう戦ったらいいですか?

伊藤 まずは確実にテリトリーをキックでとっていくことですかね。日本がこの4年で進化したのは、ひとつの戦い方だけでなく、いろんなゲームプランに対応できるようになったことです。「ジャパンウェイ」と言われるボールをポゼッションしながらスピーディーに動かすラグビーだけでなく、キックを効果的に使ったり、がっぷり四つにフォワードで勝負したり、相手や状況、時間帯に合わせて、いろんなゲームプランを実行できるようになったのは強みです。

山本 いろんな戦術を使えるのは、相手も守りにくそうですもんね。伊藤さんのお話を伺っていたら、もう一回南アフリカに勝てるような気がしてきました!

伊藤 正直に言っていいですか? やっぱり南アフリカは強いですよ! でも、前回も僕は負けると思って寝てしまったけど(笑)、勝ちましたからね! 楽しみですよね。いい試合を期待しています! ちなみにラグビーワールドカップって、サッカーのワールドカップと比べて、試合中のビールの消費量が6倍なんですよ! ヨーロッパとか南半球のファンの人たちって、試合前、試合中、試合後と、めちゃくちゃビール飲むんですよ!

山本 お祭りなんですね!

伊藤 そう。だから今度の南アフリカ戦もワールドカップも、お酒飲みながら、難しいルールとかはレフリーに任せて(笑)、ラグビーの魅力であるボール争奪戦の攻防を純粋に、気楽に楽しんで欲しいですね!

INFORMATION: PROFILE:山本涼介1995年生まれ、奈良県出身。俳優としての活動のほかメンズノンノモデルとしても活躍。9/21には「山本涼介ファンイベント2019」を品川プリンスホテル クラブeXにて開催。
Twitter:@yamamoto-ryosuke
Instagram:@ryosuke_y_515

PROFILE:伊藤剛臣1971年生まれ、東京都出身。法政二高にてラグビーをはじめる。法政大学、神戸製鋼、釜石シーウェイブズにて活躍。1996年にラグビー日本代表に初選出。W杯には99年、03年と2大会連続出場。キャップ(出場試合数)62。
Twitter:@8takeomiito
Instagram:@ito_takeomi0411_official

【伊藤さん】ジャケット¥98,000~(オーダー価格)/インディビジュアライズド クロージング    パンツ¥22,000/ビルズ カーキ(ともにユーソニアングッズストア)     シャツ¥26,000/ローウィング ブレザーズ(メイデンズ ショップ)     その他/スタイリスト私物
【山本さん】ラガーシャツ¥12,000/バーバリアン(グリフィンインターナショナル) 中に着たシャツ¥24,000/マーカウェア(パーキング) パンツ¥16,000/ネオンサイン 

ユーソニアングッズストア TEL:03-5410-1776
メイデンズ ショップ TEL:03-5410-6686
グリフィンインターナショナル TEL:03-5754-3561
ネオンサイン TEL:03-6447-0709
パーキング TEL:03-6412-8217 Photos:Teppei Hoshida Hair & Make-up:Kengo Kubota[aiutare] Stylist:Takanori Akiyama(for Ryosuke Yamamoto) Tatsuya Imai(for Takeomi Ito)