From 楕円球LOVE!

楕円球LOVE!的マッチプレビュー ニュージーランドvs.ウェールズ |これがラストゲームとなる監督、選手たちの勇姿を見届けよう

2019.10.31 Thu

日本代表の活躍もあり、大きな盛り上がりを見せたラグビーワールドカップも残すところあと2試合。11月1日(金)、東京スタジアムでニュージーランド(世界ランキング3位)とウェールズ(同4位)の「ブロンズメダルマッチ」こと3位決定戦が行われる。

今大会でオールブラックスから退く、キャプテンのキアラン・リード。最後の“黒衣”姿を目に焼き付けつつ、大会後のトップリーグ、トヨタ自動車でのプレーにも期待しよう。

「オールブラックス」ことニュージーランドは、イングランドに敗れて残念ながら前人未到の3連覇はならなかった。また今年の欧州王者ウェールズも初の決勝進出を狙ったが、南アフリカに惜敗して3位決定戦に回った。

実は、両チームのニュージーランド出身の指揮官にとって、この試合がラストゲームになる。

ウェールズのウォーレン・ガットランドHCはニュージーランドやアイルランド、イングランドなどのクラブでコーチを経験した後2007年にウェールズのヘッドコーチに就任した。

実に12年にわたって指揮をとり、シックスネーションズ(欧州6カ国対抗)では、2008、12、13、19年と3回のグランドスラム(全勝優勝)を含む4回の優勝を果たしている。ワールドカップにも3大会連続出場となり、2011、19年とベスト4入りを果たした。

ワールドカップ終了後に故郷のニュージーランドに戻り、日本代表のキャプテンFLリーチ マイケルもかつてプレーした地元チーフスのヘッドコーチ就任が決定している。また、2013、17年にはブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ(イングランド・スコットランド・ウェールズ・アイルランドの代表選手から選ばれ構成される特別チーム。4年に一度南半球の南アフリカ・オーストラリア・ニュージーランド各国に遠征し、試合を行う)を率いており、2021年の南アフリカ遠征でも指揮をとる予定。

ニュージーランドのスティーブ・ハンセンHCは、現神戸製鋼総監督のウェイン・スミスや現パナソニック監督のロビー・ディーンズといった名将のもとでカンタベリーやクルセイダーズのアシスタントコーチを務めた。実はハンセンHCも2002年から2年ウェールズ代表のヘッドコーチを務めて、2003年ワールドカップではベスト8に導いている。

そして、2004年から2011年までオールブラックスのアシスタントコーチを経て2012年からヘッドコーチに昇格し、2015年のワールドカップで優勝、史上初のワールドカップ連覇に導いた。イングランド代表のエディー・ジョーンズHCによると、今大会後はトップリーグのトヨタ自動車で指揮するという。

また、オールブラックスの選手の中には来年1月に次シーズンが開幕する日本のトップリーグでプレーする予定の選手も多い。

キャプテンのNo.8キアラン・リードはハンセンHCと同じトヨタ自動車、CTBライアン・クロッティはクボタでプレーする。LOサム・ホワイトロックはパナソニック、LOブロディ・レタリックは神戸製鋼、東芝には以前パナソニックでもプレーしたFLマット・トッドが加入する。

何人かはオールブラックスのジャージー姿の選手が見られなくなる寂しさもあるが、その勇姿を目に焼き付けつつ、来年は日本のトップリーグでスーパースターたちの活躍に期待したい。

INFORMATION: ラグビー ワールドカップ2019日本大会
3位決定戦
ニュージーランドvs.ウェールズ
11月1日 18:00
東京スタジアム

Photos:AFP/AFLO Text:Kenji Saito