From 楕円球LOVE!

楕円球LOVE!的マッチプレビュー 日本vs.南アフリカ |お気に入りの背番号20を背負うマフィに爆発の予感

2019.10.20 Sun

10月20日(日)、ワールドカップで4連勝を達成してプールAを1位で通過し、初めて決勝トーナメントに進出した日本代表(世界ランキング6位)は、初の準々決勝で優勝2回を誇る強豪の南アフリカ代表(同5位/プールB2位)と激突する。

アイルランド戦では先発するも負傷交代、不完全燃焼に終わったマフィ。リザーブに入った南アフリカ戦では2015年大会同様に途中出場からの爆発に期待。

日本代表は「スプリングボクス」こと南アフリカ代表とは前回大会で初めて対戦して34-32で勝利し「ブライトンの奇跡」と呼ばれた。この試合で途中出場ながら大活躍し、WTBカーン・ヘスケスのトライをアシストしたのが「フィジカルモンスター」ことトンガ出身のNo.8アマナキ・レレィ・マフィだった。

マフィは今大会、2戦目のアイルランド戦で先発したがケガをした影響で、サモア戦、スコットランド戦とメンバー外となり、南アフリカ代表戦はリザーブながら3試合ぶりのメンバー入りとなった。

「大会直前にケガをしてせっかく治ったのに、もう1回やってしまった。アイルランド代表戦は勝ってうれしかった。メディカルスタッフだけでなく、選手たちからも力をもらった。一番、ありがたかったことは姫野(和樹)がNo8としてチームのみんなを引っ張ってくれた」(マフィ)

ただ先週の予選プール最終戦のスコットランド戦の前、日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHCは「全員が選考できる状況にある」と話していた。出場できなくて悔しかったのでは?という問いに対してマフィは「メンバーを決めるのは選手がコントロールできない。選ばれたらやるしかないし、選ばれなかったら誰が出ても後ろで応援するだけ。姫野でもリーチ(マイケル)でも誰が出てもすごく活躍しているし、応援しています」と話すにとどまった。

ケガも癒えて、練習からアピールし、準々決勝南アフリカ代表戦で20番として控えに入った。この20番という背番号はマフィにとって縁のある番号である。

「2014年、(NTTコミュニケーションズで)初めてトップリーグに出た時も背番号20番で、日本代表になって初めての試合となった(2014年の11月)マオリ・オールブラックス戦も20番で、初めてワールドカップに出た(2015年の)南アフリカ代表戦も20番だった。もともとその番号が好き」

 「(南アフリカ代表戦は)久しぶりの試合なので、絶対に勝つために、今までやったことのないくらいのパフォーマンスをみんなの前で見せたい」。ここまで不完全燃焼のマフィは控えからお気に入りの番号を背負って、インパクトプレイヤーとして大暴れする覚悟だ。

INFORMATION: ラグビー ワールドカップ2019日本大会
準々決勝
日本vs.南アフリカ
10月20日 19:15
東京スタジアム


10月20日その他の試合は...
準々決勝
ウェールズvs.フランス
16:15
大分スポーツ公園総合競技場

Photos:AFP/AFLO Text:Kenji Saito