僕らが楕円球と恋に落ちるまで

vol.4 メンズノンノモデル中田圭祐が検証! ラガーマンのフィジカルってどれだけ強いの!?

2019.10.17 Thu

体重100kg近い男たちが、全力で走りぶつかり合う。ワールドカップをみるにつけ、つくづくラグビーって超人的なスポーツだ。ラガーマンのフィジカルってどんだけすごいの!? ってことで、元高校ラガーマンでもあったメンズノンノモデル中田圭祐が、現役トップリーガーのトレーニングルームに潜入! その強さを確かめに行ってみた。…結論、やっぱりラガーマンはすごかった!

今回協力してくれたのは、トップリーグの強豪サントリーサンゴリアス!!

取材に協力してくれたのは、ジャパンラグビートップリーグのサントリーサンゴリアス。松島幸太郎選手や流大選手をはじめ数多くの日本代表を輩出する強豪だ。

左から日本代表に選出経験のある堀越康介選手と梶村祐介選手、そしてこの春引退してスタッフとなったものの、今なおトレーニングを欠かさず現役顔負けのフィジカルを誇る長友泰憲さん。見るからに超人的な体系だ。

「かく言う僕もトレーニングは今も欠かさずやっていますからね。なんとか食らいついていこうと思います。頑張ります!」と、気合い十分の中田圭祐。

まずは体脂肪から計測!!

まずはコンディションをチェックするために、体脂肪から計測。見よ、磨き上げられた梶村選手の肉体を!

結果は、、
体脂肪6.2%!!!
身長が180cm、体重が94kgなので、計算すると脂肪はたったの5.8kg…。それだけでもすごさが伝わってくる!

次は中田!! はたして・・・

「多分10%は切っていると思うんだけど…(しかし自信なし…)」。
結果は、、、

体脂肪7.2%!!!
「おー! やった!! え、結構すごくないですか!?」(中田)
「いや、すごいですよ。ちゃんとしまってますね!」(梶村選手)

中田は身長が182cm、体重が62kgなので、計算すると脂肪は4.3kg…。除脂肪体重で言うと約58kg。一方梶村選手の除脂肪体重は約88kg。梶村選手と中田は身長と体脂肪にあまり差がなかったが、除脂肪体重は約30kg、小学3年生の男の子一人分くらい違う。それだけ、筋肉量も違うということ!

ついでにサイズも測ってみた!

堀越選手(左)→胸囲117cm 首周り44cm 腕周り43cm 太もも65cm
中田圭祐(右)→胸囲93cm 首周り35cm 腕周り30cm 太もも46cm

堀越選手のポジションはスクラムの最前線を担うフロントロー。しっかりとした体づくりが必要なだけに、分厚く屈強に鍛え上げられた身体の持ち主だ。当たり前だがその差は歴然だった!

中田が体験してみたトレーニング その1 「チェーン付きベンチプレス」

「ウエイトが上がるほどチェーンが地面から離れるので、どんどん重さが上がる仕組みなんです。なのでフィニッシュが一番辛い。それが大事なんです」(梶村選手) 本気出せば100kg超えなんて当たり前だ。

ベンチプレスなら、調子が良ければ80kgは上がると言う中田。やってみたのだが…

「やばいっすこれ。普通、上がっていくほどに勢いがつくんだけど、逆にどんどん辛くなる。最後がマジで辛いです(泣笑)」。

中田が体験してみたトレーニング その2 「ラバーベルト付きスクワット」

「ゴムがついているので、ぐーっと揚げるだけじゃなく、ぐっと瞬発力も加えて上げなければいけないんです。上げ切った後は下に引っ張られるので、その瞬間もこらえないと危険ですよ」(堀越選手)

「あ、なんかいけるかも!?」 と言っていた中田だが、、、

「やばい、無理無理! 危ない!」
身の危険を感じる中田…。

「いやー、堀越選手があんまり軽々やるもんだから油断しました。全然無理でした(笑)」

ちなみに堀越選手のマックスはなんと220kg!

「…マジで信じられない。1mmも動かせません(笑)」

中田が体験してみたトレーニング その3「ワンハンドロー」

二の腕のトレーニングなのだが…見よ、このウエイトの大きさ。これでなんと重さ57.5kg! 後5kg足せばもうほとんど中田の体重と一緒。それを片手で軽々と上げてみせるのだからすごい。

「いやこれ、両手でもきついですよ!」

「だったらこれはどうですか!?」と長友さん。小さく見えるがこれでも25kgある。

「こ、これならギリいけます! けど一回が限界…あーこれ、絶対明日筋肉痛です(笑)」

中田が体験してみたトレーニング その4 「ボックスジャンプ」

これは両足とびでボックスに乗るトレーニング。足腰の瞬発力を鍛えられる!
「これはなんかいけそうな予感…」

まずは梶村選手がこれを軽々クリア!
そして中田も、、、なんとかクリア!!

その後、梶村選手はもう1つボックスを足してクリア! しかもまだ少し余力がある感じだ。
残念ながら中田は、これはクリアできなかった。

「ごめんなさい、、もう無理っす!(笑)」
トレーニングの種類はまだまだいくつも残っていたが、中田はここでギブアップ。だけど、一般人男性としては上出来! 元ラガーマンで今も鍛えている者として、面目躍如と言っていい出来だった! お疲れ様!

結論!
なんども言うけれど、やっぱりラガーマンはすごい。その全てのスケールが違ったと言う印象だった。これから決勝トーナメントがはじまるワールドカップも、そのフィジカル的なすごさに注目しながらゲームを観ると、さらに面白そうだ! 

PROFILE: 堀越康介選手 Kosuke HORIKOSHI群馬県出身。小学3年生からラグビーを始め、桐蔭学園高校時代に高校日本代表に選出。卒業後、帝京大学に入学し、2017年に日本代表に選出。帝京大学卒業後、サントリーサンゴリアスに加入。ポジションはプロップ、フッカー。

梶村祐介選手 Yusuke KAJIMURA兵庫県出身。4歳からラグビーを始める。報徳学園高校卒業後、明治大学に入学。卒業後にサントリーサンゴリアスに加入。2018年には日本代表に選出。ポジションはセンター。

長友泰憲コーチ Yasunori NAGATOMO宮崎県出身。16歳からラグビーを始め、高鍋高校、中央大学を経て2008年にサントリーサンゴリアスに加入。2010年に日本代表に選出されるなど活躍。2019年に現役を引退し、後進の育成に勢力を注いでいる。

中田圭祐 Keisuke NAKATA1995年、神奈川県生まれ。2014年に2000通の応募の中から選出されメンズノンノモデルとして活動開始。現在は俳優としても活躍する。高校時代はラガーマンで、ポジションはウイング。

[中田圭祐]ブルゾン¥7,990・Tシャツ¥4,490・パンツ¥2,990・スニーカー¥12,000(すべてアディダス)/アディダスグループお客様窓口

アディダスグループお客様窓口 TEL: 0570-033-033
Photos : Kanta Matsubayashi
Stylist : Takanori Akiyama
Hair & Make-up : Narumi Tsukuba
Composition & Text : Jun Namekata[The VOICE]
Direction : Kai Tokuhara